金箔屋さくだ
メニュー

ブログ

スタッフの日常

ひがし 八の福の芸妓さん。

2022年01月21日

 

先日、新年のご挨拶に今年はひがしの『八の福』の芸妓さんが来てくださり、

唄と踊りを披露してくださいました。

 

 

素晴らしい踊りと唄はとても華やかで見とれてしまいました。

普段は中々見ることができないのでとても貴重なひと時でした。

八の福の皆さま、ありがとうございました。

 

お茶屋といえば、一見さんお断りというルールがありますが、

かなざわ自由時間では、お座敷体験や芸妓さんに実際に会えるプランなどが

紹介されています!初めての方でも気軽に参加ができるので

金沢の思い出にお座敷体験というのも素敵ですね‼

かなざわ自由時間 芸妓さんプランはコチラ

 

********************************************************************
ネットスタッフ 土居下
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

 

 

新年のご挨拶【2022】

2022年01月01日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

日頃は弊社金箔材料部門及び金箔工芸部門を、ご愛顧お取引頂き心より感謝申し上げます。

当地金沢の《 金箔屋さくだ 》各店にも、コロナ渦ではございましたが多くの皆様方にご来店頂き心より

感謝申し上げます。本年は、昨年オープンがかなわなかった『 金箔屋さくだ茶屋街店 』を5月の連休に向け

イートインコーナーも取り入れ、皆様方に憩いと寛ぎをご提供できるお店としてリニュアルオープンいたしま

す。金沢にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

昨年末に、今年の漢字に全国からの募集した投票による結果、僅差ですが長く暗いコロナ禍にある社会を照ら

す明るいニュースとなった東京オリンピック・パラリンピックを主な理由とし、『金』が選ばれました。

『金』を素材として金箔を製造している私たちは、あらためて『金』に感謝をする1年でした。気のせいか

金箔屋さくだの各店舗では、金箔貼りの置物類が好評です。

今年は、金沢の『金』にまつわる物語をお伝えいたします。

「金沢」は、金洗いの沢 

それは今から千年も前、平安時代のこと。加賀の国・山科(現在の金沢市郊外)に山芋を掘って暮らす藤五郎という男が住んでいました。ある日、藤五郎のもとに、大和の国の長者が「夢で観音様のお告げがあったので、娘を嫁にしてほしい」と娘を連れて訪れます。娘はたくさんの持参金を持って嫁いできましたが、藤五郎はそのお金を貧しい人たちに分け与えてしまいます。娘の暮らしぶりを見かねて、長者は砂金を送ってきました。しかし、藤五郎は雁の群を捕らえようと、その砂金の入った袋を投げつけてしまいます。あまりのことに娘が怒ると「あんなものは掘った芋にたくさんくっついている」と藤五郎。娘は藤五郎と一緒に山へ行って芋を掘り、近くの湧き水で洗ってみました。すると、水の中で金色の小さな粒がキラキラと光ります。砂金です。二人はたちまち大金持ちになりました。貧しい人たちにも分けたので、人々から「芋掘り長者」と呼ばれて敬われるようになりました。二人が芋を洗った湧き水はいつしか「金洗いの沢」と呼ばれるようになり、金沢の名の由来になったといわれています。 このお話の本当のところはわかりませんが、なんとロマンに満ちて、ほのぼのする話でしょう。金洗いの沢は金城霊沢(きんじょうれいたく)とも呼ばれ、日本三大庭園の一つ・兼六園の一角金沢神社にあって、今もこんこんと清水が湧き出ています。

世界中で愛される永遠不滅のしるし

金箔は純金とはまた違う穏やかで柔らかい輝きが魅力です。ヨーロッパでは古くから教会の装飾品や額縁などに、日本では「京都・北山の鹿苑寺金閣」や「岩手・平泉の中尊寺金色堂」に代表されるように寺院の装飾に金箔を施すことも多いようです。静かに輝きを放つその場所にたたずむと、ふと違う世界に連れていかれたような錯覚を覚えることがあります。建立に携わった人たちも極楽浄土を思い描いていたのでしょうか。奈良時代につくられた唐招提寺の千手観音立像(木心乾漆造では最古最大の像)にも金箔が使われていたことがわかっています。金は大気中では酸化しない、つまり腐食しない金属です。古代の人たちは金色(こんじき)に永遠不滅のしるしを直観していたのかもしれません。 金沢では室町時代後期に浄土真宗・本願寺を発展させた蓮如が北陸を行脚したことから、農民の間にも浄土真宗が大いに広まり、真宗王国と呼ばれるようになりました。当時から人々の厚い信仰心に支えられ、その象徴ともいうべき仏壇や仏具の製作がさかんに行われ、金箔は重要な素材の一つとして、なくてはならないものでした。

加賀藩と箔打ち職人のサクセスストーリー

金沢での箔打ちの歴史を伝えるもっとも古い史実は約430年前。文禄2年(1593)、加賀藩初代藩主・前田利家公が朝鮮出兵の陣中から、箔の製造を命じる手紙を国元に送っています。このことから、それ以前から金箔製造が行われていたことが推測できます。 しかし、江戸時代になると、幕府は金を厳しく統制。箔の製造・販売も統制し、江戸と京都でのみ箔打ちを許可しました。加賀藩では密かに製造を続けるしかなかったようです。そんな折、文化5年(1808)に火事で金沢城二の丸などが焼失。再建のために大量の金箔が必要となり、前田家は幕府から期限つきで金箔製造の許可を得ます。そのことが金沢の箔職人たちの心に灯をともしました。幕府から製造・販売の許可を得ようと動き出します。運動の中心となったのは能登屋佐助。さくだ本店のある金沢・東山の出身といわれています。粘り強い運動と藩の尽力を得て、元治元年(1864)、ようやく加賀藩御用の箔に限り、公に製造が許されたのです。 明治になると、幕府のうしろだてを失った東京の製箔業は急速に衰え、かわって金沢箔が伸びていきます。第1次世界大戦後は当時、世界に流通していたドイツ箔の製造が途絶え、金沢箔が世界に進出。第2次大戦直後の苦難の時代を乗り越え、戦後の復興とともに金沢箔も復活し、昭和52年には国の伝統的工芸品産業・用具材料部門で指定を受けることになったのでした。2020年には、縁付け金箔の製造技術がが、ユネスコの世界文化遺産として登録され、金沢箔の歴史に更に箔をつけて飛躍の年となりました。

皆様方の本年の数多くのご多幸をご祈念申し上げ新年のご挨拶といたします。

————————————————————————————————
代表取締役 作田一則
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (電話受付時間 9:00~17:30)
————————————————————————————————

1年のご挨拶【2021】

2021年12月31日

 

本年も早いもので本年も残すところあとわずかとなりました。
そのような時にも作田金銀製箔・金銀箔工芸さくだ、作田商事をご愛顧、ご指導頂けました事心より深く感謝申し上げます。

金箔屋さくだグループは今年コロナの影響にてする事が叶いませんでした、店舗のリニューアルオープン等、来年もコロナに負けず金沢の観光をより一層盛り上げて行けますよう、社員一同誠心誠意おもてなしさせて頂きます。
皆様には心穏やかな年越しを過ごされますようご祈念申し上げますとともに、来年も変わらぬご愛顧・ご支援・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネット管理者 作田裕樹
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュタントフランスへの参加

2021年12月27日

この度金箔屋さくだは、農林水産省および日本貿易振興機構(JETRO)の輸出有望商品の発掘・テスト販売事業 「debutante: New Selection of JAPAN FOODS+」 に参加させて頂きました。

今回のプロジェクトはフランスで実施され、2021年11月4日からパリにてテスト販売が開始されています。

テスト販売に選ばれた「黄金吹雪」は弊社店頭やオンラインショップでも人気の商品ですので、フランスでのテスト販売でどのような結果が出るのか楽しみにしております。

先日、12月初旬までのテスト販売状況などに関するレポートをご提供いただき、

その中でも、現地で実施されたアンケートとインタビューの報告にて大変貴重なご意見をいただくことができました。

今回のプロジェクトの実施に際して商品の「開封・レシピ動画」も制作されましたので、ぜひご覧くださいませ。

https://drive.google.com/file/d/1fRF86mmpYxGyyqTR7ElMvaYlaOwH9fL6/view?usp=sharing

 


 

また、デビュタントフランス公式Instagramにて、商品の紹介、テスト販売の様子などを掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

https://www.instagram.com/jpfood_debutante_fr/

 

********************************************************************
事務スタッフ 村井
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

トキワ別府店「迎春縁起大市」開催のお知らせ

2021年12月23日

平素より金箔屋さくだをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

大分県トキワ別府店にて開催される「迎春・縁起物大市」にて、弊社の商品を出品させて頂く運びとなりました。

金箔を施した模造刀や置物、金箔入り化粧品など様々な商品を取り揃えております。

また、年始のご挨拶にぴったりの金箔食品もラインナップいたしました。

弊社の商品を間近にご覧いただける大変貴重な機会ですので、ぜひ足をお運びください。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

 

会場:トキワ別府店 1階センターモール

会期:12月28日(土)~1月11日(火)

********************************************************************
ショップスタッフ 松村
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

 

黄金のスキー板

2021年11月05日

全国的にも緊急事態宣言、まん延防止等重点措置も解除され、心なしかウキウキしております。

少しずつお客様も増えてくる事を期待しています。

 

さて、先日社長のご友人がスキー板に金箔を貼れないかと、持ってこられました。

スキー板??・・・

白銀を颯爽と滑り、時にはアイスバーンもガンガンと攻めるでしょう。

接着剤は?コーティングは?試行錯誤しながらなんとか貼れました。

 

(渋谷さんと箔加工の寺本のツーショット)

 

ゲレンデで見るとさぞ光り輝いて見えることでしょう。

私もこれで滑ってみたいです!!

オリンピックジャンプ競技で使用されたら金間違いなし!

 

<スキー板持ち主>

渋谷 潤子 様

1984年10月8日生まれ

石川県金沢市出身

石川県立工業高校 法政大学卒業

大学までアルペン競技をし、卒業後基礎スキー

元全日本デモンストレーター

 

戦歴(最高順位)

全日本スキー技術選手権大会 12位

 

鈴木 洋律 様

1987年7月23日生まれ

秋田県出身

小学生から高校生までアルペンスキー

現在は基礎スキー

全日本ナショナルデモンストレーター

 

戦歴(最高順位)

全日本スキー技術選手権大会 34位

********************************************************************
金箔職人 寺本健一
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

【新商品】金彩・銀彩バングルウォッチ

2021年08月30日

この度金箔屋さくだでは、新商品として金彩・銀彩バングルウォッチを販売いたします。

こちらの商品は福井県越前市で地場産業の越前漆器やメガネ素材、

そして職人さんの技術を使った新しいものづくりに取り組まれている株式会社サンユー様が

「時代を越えて伝わる技術」をコンセプトに、日本のものづくりを未来へ継承する

【Tokidute 時伝】プロジェクトの第3弾として、石川県金沢市に本社を構える弊社とコラボレーションした商品となっております。

バングル部分に福井県鯖江市の眼鏡づくりと越前漆器の手技を、

文字盤部分に石川県の金沢箔の技術を用いて制作され、北陸の技と技が見事に融合した上品な時計に仕上がっております。

 

銀彩バングルウォッチは、銀箔をベースとした「虹彩箔」を使用しており、一つ一つ手作業で作られているため文字盤に浮かび上がるマーブル模様は同じものは二つとしてできません。

一期一会の出会いをお楽しみください。

 

金彩バングルウォッチは、弊社で販売するにあたりオリジナルで制作されました。

文字盤部には金箔を使用しており、シンプルなデザインでありながら金箔独特の上品な華やかさも兼ね備えた商品となっております。

金沢伝統の職人技の美しさをぜひご体感ください。

 

文字盤は金彩銀彩ともに、加賀五彩からインスピレーションをうけた【金、エンジ、藍、若草、古代紫】の5つのカラーバリエーションからお好きなお色をお選びいただけます。

また、文字盤の大きさもビックフェイス、スモールフェイスからお選びいただけます。

 

バングルと文字盤部は取り外し可能でバングルをお好きなものに交換することができ、自分だけのカスタマイズが楽しめます。

 

気分やコーディネートに合わせてアクセサリー感覚で組み合わせて身に着けていただけるファッショナブルな時計となっております。

 

また、バングルウォッチの名のとおりバングルタイプですので、片手でカンタンに着脱することができるやさしいつくりとなっております。

こちらのバングルウォッチの開発話はサンユー様のこちらのページで拝見できますので是非一読していただきたいです。

 

 


 

お買い求めはさくだ全店

(金箔屋さくだ本店・町屋店・金沢駅あんと店・観光物産館店・富山駅とやマルシェ店)にて

実物の色彩の美しさをご覧になっていただきたいと思っておりますので、ぜひお近くの店舗にお立ち寄りください。

※各店舗の営業日や時間は変更している場合があります。ホームページのお知らせ等をご確認ください。

 

オンラインショップでも販売予定ですので現在準備を整えております。

発売になりましたら、またお知らせいたしますのでぜひ続報をお待ちください!

********************************************************************
ショップスタッフ 松村
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

 

無病息災を願う氷室まんじゅう

2021年07月02日

金沢の7月1日(旧暦6月1日)は、

江戸時代、加賀藩から将軍家へと氷を献上した「氷室の日」です。

金沢城内の氷室に貯蔵してあった白山山麓の氷雪は夏になると厳重にくるまれ、はるばる江戸まで運ばれました。

その氷が無事届くように祈り、供えられたのが氷室饅頭の始まりとされています。

この時期金沢のお菓子屋さんには、たくさんの氷室饅頭が並びます。

お饅頭の色にはそれぞれ(赤:魔除け、白:清浄、青:健康長寿)の意味があるそうです。

また来年もこのお饅頭を美味しくいただけるように、体に気を付けて過ごしていきたいと思いました。

 

 

********************************************************************
ネットスタッフ 冨田
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

春からお世話になります!

2021年03月10日

昨年7月からアルバイトとして、お世話になっておりました。
はじめのうちは不安もありましたが、社員の方々が本当に暖かく迎え入れてくださり、
仕事や社会人としての在り方など、多くのことを学ばせて頂きました。

こんなにのびのびと働くことができるのは、さくだであるからこそだと感じております。
社長をはじめ、社員の方々にはいつも感謝でいっぱいです。

3月に大学を卒業し、春から新入社員としてお世話になります。
これからは、社会人としてより一層成長し、金沢の金箔をより多くの方々に知っていただくため、
お役に立てるように一生懸命頑張って参りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

現在はコロナ禍という事もあり、なかなか金沢まで足をお運びいただけないかと思いますが、
少しでも早く皆様とお会いできることを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************
ネットスタッフ 冨田
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (営業時間 9:00 ~ 18:00)
********************************************************************

カテゴリー

新年のご挨拶【2021】

2021年01月01日

                     新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
昨年も弊社金箔材料部門及び金箔工芸部門を、ご愛顧お取引頂き心より感謝申し上げます。

 当地金沢の《 金箔屋さくだ 》各店に多くの皆様方にご来店頂き厚く御礼申し上げます。
昨年度は、世界各国でコロナウィルスの猛威にさらされ、又世界に比べ国民意識・習慣の違いから比較的安全とされた日本に於いても、10月半ばから感染の第3波が押し寄せ、過去に経験したことが無い行動範囲の制限やそれに伴う経済活動の停滞に直面しております。観光立県を目指す石川県内・金沢においても例外でなく苦境の流れに吞み込まれております。

 しかし私達は、束後に訪れられる皆様に、更にスキルアップした施設を目指し、旧茶屋街店もイートインコーナーも取り入れ金箔の新しい可能性をお届け出来るようにリニュアルオープンも致します。私たちは常に感染防止を念頭に置き安心安全で金沢にしかない金箔を楽しんでいただけるよう創意工夫をしております。皆様方にお会いできることを楽しみにしております。

 又、昨年は唯一金沢で生産される金箔が『ユネスコ無形文化遺産・縁付金箔』(日光東照宮等・国宝・文化財に使用)として、縁付け金箔の製造技術が登録されました。今後金箔製造の技術を絶やさない様に業界挙げて後継者育成や、縁付け金箔の需要拡大に向け重大な責務を与えられました。私達金箔屋は縁付け金箔を工芸品等に使用し、1/10,000の薄さが放つ金箔の輝きの素晴らしさ皆様にお届け出来ればと考えております。
合わせて、さくだ本店の金箔貼体験はこれまでも、縁付け金箔を使用しておりましたが、更に縁付け金箔の最終工程の箔移し(金箔を規格のサイズに竹製カッターで裁断する)作業も体験し、その金箔で箔貼りを体験することも企画中でございます。是非一度世界文化遺産の縁付け金箔を体感して頂ければと思いますので、是非金沢にお越しの際にはお立ち寄りいただければ幸いです。

 最後になりますが、本年も皆様方に楽しみ・喜んでいただけるお店つくり、又商品作りを心掛けて参ります。年の初めに当たり、心あらたに初心に戻りスタッフ一同頑張る所存でございます。
 皆様方の本年の数多くのご多幸をご祈念申し上げ新年のご挨拶といたします。

————————————————————————————————
代表取締役 作田一則
金箔屋 さくだ
株式会社金銀箔工芸さくだ
本社・本店/〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目3番27号
TEL 076-251-6777 (電話受付時間 9:00~17:30)
————————————————————————————————

1 2 3 4 5 6 8